2013年05月28日

ドラッカーの名言100:その1



皆様は、ピーター・ドラッカーは、御存知だと思います。

オーストリア・ウィーン生まれの経営学の第一人者で、沢山の経営者に多大な影響を与えています。

今日は、そのドラッカーが残している名言の一部を、紹介致します。





1.企業の目的は顧客の創造である

2.まず初めに自社の事業を定義せよ

3.需要のあるところに事業が生まれる

4.顧客を満足させることこそ、企業の使命であり、目的である

5.企業家にひらめきはいらない

6.社会とは人間環境の「生態」である

7.常に最初に問うべきは、「われわれの強みは何か」である

8.成果とは常に成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない

9.組織とは、目的ではなく手段である

10.マネジメントとは、事業に命を与えるダイナミックな存在である

11.成果をあげることが、組織にとって唯一の存在理由である

12.社会や経済はいかなる企業をも、一夜にして消滅させる力をもつ

13.明日は必ず来る。そして、明日は今日とは違う

14.過去から脱出せよ。昨日を捨てよ

15.「われわれの事業は何か。何であるべきか」を定義することが不可欠である

16.重要なのは顧客にとっての価値である。事業は何かを決めるのは顧客である

17.マネジメントは文明の守り手である

18.変化をチャンスと捉える

19.まず初めに自社の事業を定義せよ

20.イノベーションに成功する者は、右脳と左脳の両方を使う





※如何でしたでしょうか?!

皆様は、どの言葉が腑に落ちましたか!?



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。