2013年05月30日

長きに渡り仕事で貢献:黄綬褒章受賞者


今日は、ある日のテレビ情報番組から、お送り致します。





【黄綬褒章受賞者】


黄綬褒章については、長い間仕事を頑張った人で、人々の模範になる人に、天皇陛下から頂くもの




☆有村則夫さん(62)


車の板金技術が評価され受賞

鉄板の硬さを見分けることが出来る

サンダーで削っていく中で、火花の種類(散り具合い)で見分ける




☆加藤孝義さん(67)


サボテンを作って卸をしている会社社長

サボテンの作り方が画期的

サボテンを育てる場所は田んぼ

本来、砂地でしか育たないと思われていた

普通、水はけが悪く茎が腐ると思われていた

濃尾平野の土地が、強烈に水はけが良かった

サボテンの大量生産に成功し、シェアは8割




☆吉良美子さん(65)


シャツを作る技術で受賞

カンコー学生服の米子工場勤務

得意なのは、ミシンがけ

とにかく単純に速く縫うこと




☆森太郎さん(65)


お天気や自然現象を再現する機械を作り、受賞

スガ試験機という会社に勤務

自然の雪が降る機械を作ってしまった

実際の雪雲を、機械の穴の中で再現

飛行機の翼や電線に雪が降った時どうなるかを試験出来る





※国の宝となる方々です。

一つの物事に一点集中し、積み上げていくことの大切さを、学びました。



この記事へのコメント
素晴らしい功績を私も作品で表します。あと3枚で400枚の長編をひとまず書き上げます。牧野先生も登場します。
Posted by 原誠 at 2013年05月30日 20:19
原誠様

訪問、ありがとうございます。

作品が、あと3枚で400枚なのですね。楽しみです。

私も登場させて頂いて、感謝です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年05月31日 07:55
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。