2013年06月17日

台湾で相撲が本格スタート!


今日は、6月12日の読売新聞『地球クリック』より《台湾力士送り出すぞ》を、紹介致します。





台湾で、常設の相撲の土俵が台北の天母野球場の敷地内に完成した。相撲愛好家らが早くもけいこで汗を流している。

地元の相撲協会によると、台湾では学生ら約40人が相撲に取り組んでいるが、けいこの場所は公園の広場や柔道場しかなかった。土俵は、民間企業の資金援助で完成。

相撲歴6年の王皇文さん(25)は「本物の土俵はやはり感覚が違う」と満足げ。協会関係者は「この土俵で鍛えた力士を日本の相撲部屋にも送りたい」と意気込んでいる。(台北 比嘉清太、写真も)





※日本の国技が、このような形で全世界に広まっていくのは、とても喜ばしいことですね。

日本人力士の、これからの、より一層の活躍を、期待しています。



この記事へのコメント
日本の力士に刺激となり、相撲界を盛り上げてほしいです。
Posted by 原誠 at 2013年06月17日 07:16
「相撲」・・・
日本の国技が世界に広まっていくのは素晴らしいことです。

大相撲の番付表をみると外国の力士が上位を占めています。
伝統のある相撲を復活させてほしいものです。
Posted by 進藤幸男 at 2013年06月17日 07:17
原誠様

訪問、ありがとうございます。

新たな、日本の力士向けの刺激が、少しでも出てくることを、祈っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年06月18日 22:45
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

大相撲が、インターナショナルなスポーツに、年を重ねるにつれて変化している反面、番付表上位は、外国人力士の台頭が目立ちます。

台湾の相撲について、これから静かに見つめてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年06月18日 22:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。