2013年06月19日

白のクレヨンとカマボコの板の“声”


今日は、たまたま食べていた柿ピー(亀田製菓の柿の種)の印刷より『けなげ組』会員番号25の“白のクレヨン”と会員番号26の“カマボコの板”を紹介致します。





▼会員番号25“白のクレヨン”

「セットだから必要なのです。白が無ければセットではありません!!といって使う回数はほとんど少ない・・・そんなこと言うと、ますます白くなってしまいます・・・」





▼会員番号26“カマボコの板”

「ボクがいなけりゃカマボコの形はうまくできない。それにカマボコを切る時ボク自身傷つきながらがんばってるのに・・・カマボコのヤツと別れたとたん・・・ポイ」





※今回も‘けなげ’です。

白色のクレヨンは、白色の色鉛筆を紹介してあげて、お互いに『親友』になってほしいです。

カマボコの板は、子供の頃、夏休みの図工の宿題では、お世話になりましたが、大人になってからは、なんとなくそのまま、捨てていました。

カマボコの板を、何かに再利用出来ないか、考えてみます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。