2013年06月26日

生きるとは?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです。





感性論哲学創始者、芳村思風先生の『生きるとは』を、ぜひ声に出して読んでみてください。




『生きるとは』


人間において生きるとは、
ただ単に生き永らえることではない。

人間において生きるとは、
何のためにこの命を使うか、

この命をどう生かすかということである。

命を生かすとは、
何かに命をかけるということである。

だから、生きるとは、命をかけるということだ。

命の最高の喜びは、
命をかけても惜しくないほどの対象と出会うことにある。

その時こそ、
命は最も充実した生の喜びを味わい、
激しくも美しく燃え上がるのである。

君は何のために命をかけるか
君は何のためになら死ぬことができるか

この問いに答えることが
生きるということであり、
この問いに答えることが、人生である





※素晴らしく、そしてとても深い内容です。

『何のために命をかけるか=何のためなら死ねるか』は、究極の質問であり、強烈です。

これぐらいの気持ち・気概を携えて、毎日を過ごしていけるよう精進しようと思った、この言葉との出逢いでした。



この記事へのコメント
命の最高の喜びは・・・
命をかけても惜しくないほどの対象と出会うことにある

素晴らしい言葉ですね・・・この言葉は最高です。
なんとか近づけるように努力をしたいと思います。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年06月26日 07:59
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

『命をかけても惜しくないほどの対象と出会うこと』私もこの言葉にグッときました。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年06月27日 07:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。