2013年06月27日

エンディングノートについて


今日は、たまたま入った薬局に置いてあったフリーペーパー『ケアケアプラス 2013.5初夏号』から【自分の思いを遺し、家族に伝えるエンディングノート】を紹介致します。





「自分がもしもの時に、財産やお墓などをどうすればいいか」「自分に何かあった時、遺される家族にこれだけは伝えておきたい」−−−−−そんな声に応えて生まれたのが「ナルク エンディングノート」。2003年の初版発行以来、既に15万冊を超えるヒット商品になっている。

「私たちシニアは、家族にできるだけ迷惑をかけたくない。でも最低限、これだけはやってほしいという思いを抱えています。それを伝えるのが、このノートの役割です」と企画者の早野矢須男さん。確かに言葉では言いにくいことも、ノートに書き留める形なら伝えやすい。難しい文章を考えずに、チェックするだけで済む項目を多く設けているのも、気軽に利用してもらうための配慮だ。

「親の思いや希望が書き留めてあれば、いざという時、子供たちも迷わなくて済みます。またこのノートに書かれた内容をきっかけに、親子の会話が深まることもあるでしょう」と早野さん。自分の人生を振り返る時間をもつことの大切さも、エンディングノートと向き合うことで、改めて感じられるだろう。





※エンディングノート・・・名前は聞いたことありました。

遺言書の具現化版とも、言えるのではないでしょうか。

こうしたツールが、親子の絆を深めるのなら、素敵なことだと思います。



この記事へのコメント
「ナルク エンディングノート」・・・
初版発行の際に購入して書き込んで子どたちにも渡しています。


子どもたちに迷惑をかけないためにと思って書きました。
書きながら、いろんなことがあるものだと痛感いたしました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年06月27日 09:39
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

エンディングノートは、初版発行の時から、購入して準備しておられるのですね。

書きながら学べるのは、素晴らしいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年06月27日 23:39
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。