2013年08月16日

貨幣の信用


今日は、娘の参考書『現代文キーワード読解』(Z会出版)より経済論の単元の中の【貨幣の信用】を紹介致します。





【貨幣の信用】


貨幣制度は、その制度に対する信頼がなければ成立しない。現在の貨幣は知っての通り、単なる「紙」「金属片」である。日本の貨幣についていえば、もちろん、それは「日本」という国家がつくっているから信用があるが、もし日本という国家が消滅したら、その瞬間から「円」はただの紙になる。

このような視点に立つと、「カネこそすべて」と錯覚するほど強固な貨幣制度も、一つの約束事でしかないことがわかる。にもかかわらず、現実には多くの人びとが、貨幣そのものが至上の価値を持っていると考え、貨幣を獲得することに価値を見出している。それは、「貨幣こそが万能であり最高の価値を持つものだ」というある意味で倒錯した思いであり、これを貨幣の物神化という。





※“貨幣(お金)を学習する”という視点で捉えた解説文です。

賛否両論あるかもしれませんが、こうしたモノの考え方も、ある意味必要なのかもしれないです。

皆様は、どのようにお考えに、なりますか?



この記事へのコメント
生きる上でお金は必要です。営業マンもしているので、売上を強く意識させられます。時に金欲を持たなければ、個人的にも経済力が高まりません。自分の力を出し切り、労働の対価としてお金を少しでも獲得することは大事だと思います。
Posted by 原誠 at 2013年08月16日 08:42
原誠様

訪問、ありがとうございます。

私たちは、生きていかねばならないです。

その上で、お金は必要です。

大切なのは『自分の力を出し切ること』と、考えます。

物々交換の片方が、より利便性の良い貨幣に変わったことを、じっくり考えてお金と付き合えたらと、思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年08月17日 06:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。