2013年08月18日

“江戸”に関する諺


今日は、『ことわざハンドブック』より、江戸に関する諺です。





【江戸中の白壁は皆旦那】

意味:『白壁』は裕福な商家。江戸中にはこうした商家が多いから、勤め先はいくらもあると言った、奉公人のふてくされ口を言う。〈此処ばかりに日は照らぬ〉も同じ。出典は『なんの世間中が白壁造りだ。三月が来りゃあおさらばよ』(浮世風呂)。




【江戸っ子往き大名還り乞食】

意味:江戸っ子の気質で、旅に出てから後先の考えなしに金を浪費して、結局帰りは乞食同然の姿でしおれて帰ることを言う。




【江戸っ子は五月の鯉の吹流し】

意味:鯉のぼりは中が空で風が吹き出しなことから、口は悪いが腹の中はさっぱりした、江戸っ子気質のたとえ。




【江戸っ子は宵越しの銭は使わぬ】

意味:これも江戸っ子の気質で、その日の稼ぎはその日の中に使ってしまうということ。いわゆる職人肌である。




【江戸の敵を長崎で討つ】

意味:思いがけぬ所で、または筋違いのことで前の仕返しをする。また関係のない事をやって気晴らしするとの意。




【江戸べら棒と京どすえ】

意味:気の荒い江戸と、みやびな気風の残る京都の方言を対比させたもの。『べらぼう』は馬鹿、おろか、『どすえ』はですよとの意。〈長崎ばってん江戸べらぼう〉〈大坂さかいに江戸べらぼう〉も似たことわざ。





※“江戸”という言葉は、これだけ沢山の表現があるのかと、感じます。

「裕福な商売人」「無計画で気が荒い」「口は悪いが悪気がない」「気っ風がよい」・・・そんなところでしょうか。

“東京”と名乗る前の、味の濃いイメージが、諺にも反映していますね。



この記事へのコメント
出版社からの提案で江戸時代を盛り込んだ小説の構想を練っております。時代小説とは、江戸時代のことです。江戸っ子気質は魅力的です。
Posted by 原誠 at 2013年08月18日 07:16
原誠様

訪問、ありがとうございます。

時代小説とは、江戸時代のことだったのですね。

江戸っ子気質が魅力的なのは、諺を見ていても、わかります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年08月19日 05:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。