2013年08月23日

井関農機の話題の商品


今日は、日本農業新聞8月15日より『話題の商品 条間50センチに適応 歩行型の移植機』を紹介致します。





井関農機(松山市)は、歩行型の半自動野菜移植機「ナウエルナナ」PVH1シリーズで、条間50センチ適応の高能率型を発売した。苗供給部を連続回転方式にして、作業能力を従来機種より3割向上させた。

キャベツ、ブロッコリー、レタスなど葉茎菜類のセル成形苗に対応している。くちばし状の植え付けホッパー内側に付いた泥を落とすクリーナーを標準装備し、安定した連続植え付けができる。

植え付け能力は1時間当たり3200株。適応条間は50、55、60センチ。型式は「PVH1−50LGX」。希望小売価格は74万5500円。問い合わせは井関農機営業推進部、03(5604)7611。





※農業の分野でも、日進月歩で変革が続いているのが、わかります。

この業界は素人なので、詳しくは、わかりませんが、機能性が上がったことで、作業効率がグンと上がるのは、想像できます。

ここにも、日本人の技術力の高さを、垣間見た気がしています。



この記事へのコメント
農業の分野が激しく進歩をしています。
若者たちが農業に強い関心を持っていることにも驚いています。

我々が岡山県の過疎の田舎、棚田再生をしています。
毎日のように多くの見学者が来ています
大学生の見学者や体験実習をする学生も増えてきました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年08月23日 07:03
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

農業の分野が激しく進歩しているのに、気づきました。

若者が農業に関心を持つことは、とても良いことです。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年08月24日 07:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。