2013年09月15日

ゲーテ曰く


今日は、いつも読ませて頂いているメルマガから、受験生に向けてのメッセージの一部を、紹介致します。





【ゲーテ曰く】


かのゲーテ(Goethe)は、こう言っている。

「人間は努力する間は迷うものだ」と。

努力するということは、自分の未来に向かって行動しているということだ。

未来は誰にもわからない。
だから、「これでいいのか」と不安になるのは当然だ。

この不安を駆逐するには、自分に自信を植え付けるしかない。

そのためには、絶対的な勉強量を確保するのだ。
「俺は、これだけやったぞ!」
「わたしは、こんなに勉強した!」
という成功体験を手にするのだ。

毎日の勉強時間を記入していく。
これだけでいいのだ。
記入することで、勉強時間が視覚化される。
それがひと月積み重なると、自分で自分を褒めたくなるだろう。

ポイントは、自分で決めたことをきちんと実行し続けることだ。

秋の霜のような峻厳さで自分の行いを正し、きちんと自分で決めたことを実行するのだ。

厳しさを表に出すのは粋じゃないね。
大変さは中に隠して、平然と努力するんだ。

当然、涼しい顔で、熱く熱く熱く一日を生き切る!

これが格好いいんだよね。





※『努力するということは、自分の未来に向かって行動している』・・・この言葉に、やられました!!

未来のことなんて、誰もわかりませんから。不安を払拭する為には「もう、大丈夫!」と思うまで、やりきることですね。



この記事へのコメント
その通りですね。努力するだけです。
Posted by 原誠 at 2013年09月15日 12:26
努力するということは・・・
自分の未来に向かって行動しているということです。

前向きに積極的にポジィティブ志向で頑張ります。
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2013年09月15日 17:00
原誠様

訪問、ありがとうございます。

努力するだけですが、その方法を間違えないように、したいものですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年09月15日 20:03
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

自分の未来に向かって行動しているというフレーズは、最高です。

ポジィティブ志向は、多くの点で、プラスになります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年09月15日 20:07
ここ最近健康の勉強を新しく初めました。
やればやるほど本当に知識となっているのか不安でした。
その不安を払拭するためにも勉強時間の視覚化を行ってみようと思います。自分で自分の努力した時間を見るのは恐ろしい気もしますが、やってみる事できっと何か気付ける事があるのではないかと思います!
Posted by 前田雄飛 at 2013年09月15日 20:51
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

御自身の勉強が、本当に知識となっているのか否かは、いずれ現場で体感すると、思います。

『勉強時間の視覚化』は、とても良いことだと思います。

何かの気付きがありますので、先が楽しくなると思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年09月15日 21:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。