2013年10月12日

スロージョギングとは?


今日は、10月5日読売新聞の広告ページより『お喋りしながら笑顔で走れる!スロージョギング』を紹介致します。





スロージョギングは、歩くようなペースで走るため、運動が苦手な人でも気軽に取り組むことができます。特長は、「疲れずに走れる」「歩く速度で走れる」「笑顔で走れる」こと。さらに、ウォーキングよりも消費カロリーが高いといわれ、シェイプアップ効果に優れ、脳の活性化や生活習慣の改善も期待できます。時間は1日30分〜1時間程度を目安に、決して無理をせず、徐々に慣れていくようにすることが大事なポイントです。

楽しく走れるスロージョギングで健康寿命を延ばしましょう。





◇スロージョギング5つのポイント


1.足の付け根で着地(ファアフット=足の指の付け根着地。ファアフット着地をすることで膝や腰への衝撃が、かかと着地の約3分の1)

2.歩幅はせまく

3.アゴを上げ、背筋を伸ばす

4.腕は自然に振る

5.口を開け、呼吸は自然に





スロージョギング生みの親、福岡大学スポーツ科学部 田中宏暁教授のプロフィール・・・身体活動研究所所長。医学博士。専門は運動生理学。疾病の治療と予防・健康増進・競技力向上に有効な運動処方に関する基礎的・応用的な研究がテーマ。日本体力医学会理事、ランニング学会常務理事。元日本オリンピック強化スタッフフィットネスコーチ。(社)日本スロージョギング協会副理事長。





※これは、株式会社アサヒコーポレーションの『アサヒシューズ』という靴の宣伝広告の中に載っていた内容です。

『ジョギングよりも楽で、ウォーキングよりも運動になる』ということであれば、流行るのは間違いないかもしれませんね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。