2013年10月14日

これが北海道民!


今日は、『県民のヒミツ』(編集・発行:株式会社大創出版)の中の《第2章 それぞれの県民性、大公開!》より【これが北海道民だ!!】を紹介致します。





【これが北海道民だ!!】



○恋愛→何事にも大らかな北海道民は、性的なモラルに関しても自由奔放。ふらふらと浮気に走る人も少なくないらしい。ただし、なかなか慎重派なので、そんなそぶりも見せない。また、北海道民には彫りの深い美男・美女が多く、よくモテる。一見フランクで付き合いやすいが、恋人にするとなると苦労が多いかも。


○仕事→北海道民の大らかさは仕事の面でも見て取れる。役職などにこだわりもなく見栄を張らないし、ライバルとの競争にも無関心。ただし、大らかさは悪く言えば大ざっぱ。細かい作業や事務処理は苦手のようだ。やや鈍感なところがあるので、周囲の人に対する心配りなどについてはあてにしないほうがいい。大胆な面もあるので大事業に挑戦したり、思わぬ賭けに出ることも。ただ、気まぐれな面もあり、離職・転職率が高い。


○金銭感覚→こんな北海道民も、お金に関してはかなりシビア。北海道の結婚式は、式のあとの「披露宴」が会費制の「結婚祝賀会」になることが多い。なかなか合理的な考え方だ。「厳しい開拓の歴史」が、このような合理性を北海道の人たちに植え付けたのだろう。そして結婚披露宴同様、葬式も、本州よりも香典が安くお返しなし!というケースが多い。ビジネスにおいてもその割り切り方は、都会的ですらある。込み入った駆け引きは一切不要なのだ。それでもその一方で、色恋や道楽には金遣いが荒い一面も見える。





※北海道民について、勉強になりました。

書かれている内容を、そのまま出させて頂いております。

あの国土の広さが、気分を大きく奔放にしてしまうのでしょうか。



この記事へのコメント
パイロットに勤務していた時代に、5度の北海道1週間出張による現地営業マンの販売応援をしました。年に数回はマトンが食べたくなるそうです。道民ならではですね。
Posted by 原誠 at 2013年10月14日 07:29
原誠様

訪問、ありがとうございます。

5度も北海道に出張されたんですね。

『年に数回はマトンが食べたくなる』県民性が、北海道民なのですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月15日 07:56
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。