2013年10月18日

注意!!悪質商法


今日は、大阪府の府政だよりの10月号に掲載されていた記事『注意!!悪質商法 自分だけは大丈夫と思っていませんか?』のうち、1つを紹介致します。





相談事例:「うまい儲け話を持ちかけられた」



知らない業者から「シェールガス開発事業者のファンド募集のパンフレットが届いていないか。自分には購入資格がないので代わりに買ってほしい。後で高額で買い取る。損はさせない。」という電話が何度もあるが、信用できるか。



アドバイス・・・その時に話題になっているものや、高齢者が興味を持ちそうな儲け話を持ちかける、投資詐欺と考えられます。相手をせずにすぐ電話を切ってください。複数の人が役割を分担して消費者を信用させる手口(劇場型詐欺)もありますので、注意が必要です。業者とやりとりしてしまった場合でも、絶対にお金は支払わないでください。まずは消費生活相談窓口にご相談ください。



以前に受けた被害の救済を装って金銭を払わせるようなこともあるので、被害経験のある人は更なる注意が必要です。





※手のこんだ内容です。

人をだます人の心理って、ちょっと理解できない部分があります。

あれこれ考える思考を、善行に使えばいいのにと、感じてしまいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。