2013年10月19日

人生は“棄権できないマラソン”


今日は、勉強会仲間の方から頂いたメッセージを、転載致します。





人生はマラソンレースによくたとえられます。

順調な日もあれば、失意の日もあり

職場・家庭・社会活動でも
予想もしなかった困難が起こってくる時もあります。

人生は、マラソンのように途中で棄権するわけにはいきません。

マラソンを走り抜く強い精神と肉体が、日ごろの弛みない練習で養われるように

私たちの人生は、日々のたゆみない努力の累積です。

それが、生き抜く力となります。

その努力とは、自分に与えられた日々の仕事に一所懸命に取組み

それを通じて「感謝の心」「人間力」を高めることです。

これが、長い人生を生き抜く見えない力となっていきます。





   『道』


長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ
ならぬ道−
てものがあるんだな

そんなときはその道を
黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな

黙って歩くんだよ
ただ黙って−
涙なんか見せちゃダメだぜ

そしてなあ その時なんだよ
人間としての いのちの根が
ふかくなるのは・・・・・


 相田みつを
 「おかげさん」より





※今、私たちが生きている俗世間が、修行の場だと表現する方がおられます。

何が何でも、歩いていかねばならない、目の前の道が誰にでもあります。

とても深い、言葉です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。