2013年10月27日

能力の差


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです。





【能力の差】



人間、持って生まれた能力の差はほとんどない。

しかし、「やる」と決めた人と「やらない」人との間に差が生まれる。

物事を新しく始めると、「しんどいなぁ、やめたいなぁ」と思う瞬間が必ず訪れるのだ。

それは、神様が、始めた人が本気かどうか、確かめに来るからだ。
時々感じる「もうやめようかなぁ」は、神様の試金石なのだ。

そこを乗り越えると、始めたことが「習慣」となる。
そうだ、歯磨きと同じ状態になるのだ。
「やらないと、なんかおかしい・・・」という状態なのだ。
すると、「継続」ということが簡単に出来るようになる。

この段階で、天と地との差ほど、途轍もなく広がってしまうものだ。

能力の差は、掛けた時間とやる気の差、とも言える
ということは、同じ時間と同じやる気を持って行動し続ければ、先人に追いつくということだ。


だったら、やるしかないねぇ。

今日一日、とにかく、今日一日をいかに人生最高にするかだけを考えよう。

人生最高の日のために不要なのは、例外
人生最高の日のために必要なのは、最幸の笑顔
人生最高の日のために必須なのは、最高の熱い心

さぁ、いくよ!





※こういう文章を読んで「よし、頑張るぞ!」という人と「そうは言ってもなぁ〜」という人がいます。

ここから既に、始まっていること。そして、差が出来つつあること。

そんなふうに思います。『掛けた時間とやる気の差』が、誰にでもチャンスがあることを、示唆しています。



この記事へのコメント
「やる」と「やらない」・・・
生まれたときは誰だって差なんてありません。

何かを始める本気で始めることから差が出てきますね・・・
何事も取り組んだ時間の差と本気度が大切になります。
ありがとうございました。
Posted by 進藤幸男 at 2013年10月27日 08:04
その違いだけですね。11月3日から1泊2日でおいらせ町の「大山将棋記念館」に取材旅行です。3月発行の将棋ペンクラブにエッセイを寄稿します。費用負担はありません。ここまでになれたのも、やってきたからです。真冬のファッションで出掛けます。笑
Posted by 原誠 at 2013年10月27日 10:16
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

生まれたときは差がありません。

そこから、本気で生きていくか否かで、差が少しずつ出てきます。

時間×本気度を、落とさないよう、精進致します。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月28日 08:06
原誠様

訪問、ありがとうございます。

今の自分は、過去の自分の行動の累積です。

それが貯金になるか、借金になるか、自分が取った行動から答えが出ます。

今のステージ、素晴らしいと思います。これから更に、それを上げていってください。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月28日 08:17
一年前の私が、この記事を読んだとしても、ほぼ間違いなく、「そうは言ってもなぁ」という考えに至っていたと思います。
継続し、掛けた年数×やる気が実力になる・・・
逆を言えば、掛けた年数が少ない者は、やる気が同じなら、先に始めた方に一生追いつかないという事ですね。
先人たちに追いつき、追い越すために、やる気だけは負けないように、頑張りたいと思います。
Posted by 前田雄飛 at 2013年10月28日 10:08
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

一年前と今とで、大きく成長された、ということですね。

「そうは言ってもなぁ」という考えは、思っている以上に、多い考え方です。

掛けた年数が少ない人は、物理的なことですので、「まだこれから」という考え方のほうが、いいと思います。

ただし、追い越すために、「やる気だけは負けないように、頑張りたい」という思考は、素晴らしいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月29日 05:48
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。