2013年10月31日

‘ひこにゃん’を使った滋賀県彦根市の取り組み


今日は、いつも楽しく拝読しているメルマガからです。





【ダイレクトメールの進化】



突然ですが。
ひこにゃんから年賀状が届いたら、うれしいですか?
おじさんはともかくとして。
お子さんなら、確実にうれしいと思うでしょうね。
でも、そんなことってあるんでしょうか?
実は、あるんです!
ひこにゃんから、年賀状が届くのです!
彦根市のマスコットキャラクター、ひこにゃん。
ゆるキャラブームの火付け役になったことで、有名ですよね。
最近は、いろんなゆるキャラが登場して、差別化が難しくなってきています。
熊本県のくまもんが、観光への貢献で大臣表彰されたりしています。
ひこにゃんとしても、負けられないところです。
そこで、彦根市は訪れた観光客に対して年賀状を出す作戦を展開します。
ダイレクトメールの中でも、年賀状は特別なんだとか。
まず、お正月と言う時間が比較的ある時に届きます。
そして、必ず宛名をチェックします。
貰ったのにお返事しないのは、失礼にあたりますからね。
最後に、くじの抽選の時にもう一度見ます。
ですので、印象に残りやすいのだそうです。

彦根の城下町も、整備されてきれいになっていますが。
こうしたハードだけでは、観光客がリピーターにはなりません。
ひこにゃんからの年賀状という、ソフトを組み合わせることで。
リピーターが増える、そんな作戦を考えたのです。
観光立国日本、と言う言葉も、実は奥深いです。
単にハードの整備、おもてなしの心だけでなく。
お客様にリピートしていただく仕掛けが、見えない仕掛けだったりするのです。





※ゆるキャラブームが展開される中、とても面白い戦略です。

この形だと、子供連れの観光客の場合、自然にターゲットが子供になり、リピートオーダーは子供からの投げかけで、出てきます。

これまで、くまもんが一人勝ち的な様相でしたが、ひこにゃんの逆襲を、期待したいなと、思います。



この記事へのコメント
何においても、興味を持って貰うというのは素晴らしいことで、とても難しい事であると思います。

どれだけ、いい事柄でも、興味を持っていただけなければ、誰にも伝わりません。
興味を持ってもらう努力、伝え方の模索を日々していきたいです。
Posted by 前田雄飛 at 2013年10月31日 11:09
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

どのような物事でも、興味を持ってもらうというのは、難しい事だと思います。

興味を持ってもらう努力には、伝え方の模索の他に「自分は何者か」を研究していく必要もあります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年10月31日 19:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。