2013年11月22日

生まれてから死ぬまでの人生


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです。





自分の人生に責任を持つ

人は一人で生まれて、一人で死んでいく

しかし、人は生まれた時には一人で生まれてくるかもしれないが、必ず回りには笑顏の人たちが迎えてくれている。
そして、成長して、一人で生きているような感覚になるかもしれないが、実は、たくさんの人のお陰で生きているのだ。


それは、傲慢な性格でいると見えないモノだ。
それは、謙虚な性格でいると見えてくるモノだ。

そして、人は必ず死ぬ。
死ぬときも一人のように見えて、実は、たくさんの人に見守られて、惜しまれて、肉体を卒業していくのだ。



人生とは、人が生きると書くが、
人のために生きるのが人生だ


なぜならば、生まれてから死ぬまで、たくさんの人にお世話になっているからだ。
そして、みんなひとりひとりが、人のために生きるようになったら、とても素晴らしい星になるからだ。

人間を作った神様は、そう考えて、人間を作ったんじゃないだろうか、



だから、毎日を生き切ることが大切なんだ。

生き切るとはふたつ

目の前にコトを一生懸命にやること
目の前のヒトを一生懸命に喜ばすこと



今日一日しっかりと生きた証(あかし)を残すために、もうひと頑張りだ! 


今日が今までの人生で最高の一日になるように、寝るまで努力を惜しまないこと!





※お一人様、たった一回の人生です。

悔いのない人生にしましょう!



この記事へのコメント
今日一日を・・・
今日が楽しい・・・

私の年齢になると毎日を楽しもうと思います
楽しむための努力と工夫が楽しいのです。

これからも残された人生を楽しみますよ~~
Posted by 進藤幸男 at 2013年11月22日 09:46
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

毎日を楽しむ為に、努力と工夫の積み重ねが、必要ですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2013年11月23日 06:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。