2013年11月26日

チロルチョコについて


今日は、ある雑誌に載っていた内容で、チロルチョコについて、少し書かせて頂きます。





低価格のチョコの鉄板といえばチロルチョコ。これまで発売されたのは、なんと240種類以上。



「チロル」の名付け親は2代目社長。チョコレートづくりで訪れたオーストリアのチロル州から採用。さわやかなイメージが狙いだとか。



バーコード管理の必要性からチョコを大きくし(30mm平方)、コンビニなどで売られるのが20円チロル。



従来の小型チロル(25mm平方)は、バーコード管理が不要な駄菓子屋などで今でも10円で売られている。





※昔から売っている、駄菓子屋に並ぶチョコレートの代表選手ですね。

これまで『チロル』の語源を知ろうともせずに、いろいろな種類のチョコを楽しく食べていました。

サイズが二種類あったのも、全く知りませんでした。

皆様は、如何でしたか?!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。