2014年01月12日

存在感


《存在感》



大事なそこの

『場面』に居なけりゃ

その人が
いくら偉大でも


存在は
薄れてしまう





定例の
居ないといけない

『場所』に居なけりゃ

その人が
いくら必要でも


存在は
消されてしまう





ここぞという
絶対なところに


居るようにしよう




‘居る’は‘要る’
‘居ない’は‘要らない’

ここに連動するから!



この記事へのコメント
「居る」・・・「要る」・・・必要なのです。

「居ない」・・・「要らない」・・・必要ないのです。
これらは、いつも自分に言い聞かせながら仕事をしています。
ありがとうございます。
Posted by 進藤幸男 at 2014年01月12日 09:53
その通りですが、私は力を抜き、好きなことをしています。自分が居ない、要らない環境や場面はつきものです。それも楽しんでいけばよい。再び、どこかで居る、要ることに出会いますから。
Posted by 原誠 at 2014年01月12日 15:49
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

「居る」「要る」と「居ない」「要らない」は、とても重要なワードだと思っております。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年01月13日 08:31
原誠様

訪問、ありがとうございます。

『力を抜き、好きなことをすること』は、大切です。

楽しんでいけばよいのは、同感です。ここで伝えたかったことは『普通に考えて、絶対に居ないといけない場に居ないのは、良くないこと』です。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年01月13日 08:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。