2014年02月15日

『あぶさん』41年間の幕を閉じる


今日は、読売新聞2月6日より【あぶさん最終回「41年間お疲れさま」】を紹介致します。





1973年から雑誌ビッグコミックオリジナル(小学館)で連載されてきた水島新司さん(74)の野球漫画「あぶさん」が(2月)5日発売号で最終回を迎えた。酒豪の強打者「あぶさん」こと景浦安武に魅せられた人たちから、惜別の声が上がった。

あぶさんのモデルは、元近鉄(現オリックス)の永渕洋三さん(71)。二日酔いでも試合で巧打を見せ、69年に首位打者に輝いた往年のスラッガーだ。郷里、佐賀市で焼き鳥店を経営する永渕さんは、「41年間、本当にお疲れさまでした。酒は飲んでも仕事はきっちり成し遂げる。そんな豪快な人間が、時代に合わなくなったのかな」と、連載終了を惜しんだ。

最終回では、あぶさんが世話になった人たちを訪ね、野球人生を回想する。あぶさんが所属した福岡ソフトバンクホークスの王貞治球団会長(73)は「また漫画で描かれるような野球界になってほしい」と話した。





※また、ひとつの時代が終わったような、気がしております。

この時代は、ガンガン仕事してガンガン呑んで、二日酔いを気持ちで乗り越える為に、またガンガン仕事して・・・そんなことの繰り返しだったように、思います。

確かに、時代が変わってしまったように、思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。