2014年03月06日

出身高校の校歌


先日、母に会いに実家を訪ねたところ、私の高校時代の日記・卒業式目録・通知表などが出てきたと言って、出してくれました。

改めて、高校生の時代に戻ったような、変な・・でも懐かしい感覚に陥りました。

それらの中に、母校の校歌を見つけました。在学中は、さほど意識しなかったのに、歌詞をじっくり読みました。

せっかくなので、紹介させて頂きます。



校歌

(36・5制定)

高木市之助 歌詞
信時 潔 作曲



一、名にし負ふ 古戦場
松風は いまもなほ
英雄の 魂かどす
ああ われら
人生の戦ひに 勝ちぬかむ
長久手の高校の 名誉に賭けて


ニ、若人の 夢乗せて
安らかに 起伏する
丘陵の 明るさよ
ああ われら
この平和 うけつぎて 育まむ
長久手の高校の 名誉を思ひ


三、人間の知恵 集めつつ
社会の祈り 満たしつつ
用水は流れたり
ああ われら
開拓の精神を ここに見む
長久手の高校の 名誉とともに





※在学中には、気づかない、様々な気づきを、頂きました。

校歌は、その学校の象徴です。言葉の意味を噛みしめました。

皆様も、母校の校歌をじっくり味わってみると、いいですよ。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。