2014年03月26日

ベスト・オブ・キラキラネーム


最近の名前に『アニメキャラクターのような、キラキラした、なかなか読みにくい名前』があり、それを通称“キラキラネーム”と、いうそうです。

今日は、インターネットで検索した【2013年ベスト・オブ・キラキラネーム】を、ベスト10まで、紹介致します。





・1位:泡姫(ありえる)

・2位:黄熊(ぷう)

・3位:姫星(きてぃ)

・4位:宝物(おうじ)

・5位:希星(きらら)

・6位:心愛(ここあ)

・7位:美望(にゃも)

・8位:今鹿(なうしか)

・9位:姫奈(ぴいな)

・10位:皇帝(しいざあ)





※他には、11位の男(あだむ)、12位の本気(まじ)、19位の奇跡(だいや)、28位の緑夢(ぐりむ)などがありました。

本当に、人の名前として成立しているのかと、思うくらいです。

これから十数年したら、こうした名前の面々が、学校や職場でお会いすることになりますね。



この記事へのコメント
親が子の名前を決めるときは、その子に、どうなって、欲しいかをイメージしてから名前を考えると思うのですが、完全に親が、自分がカッコいいやら、可愛いやらしか考えずに名前を付けている様な気がしてなりません。
悲しい事です。私は、両親が考え抜いて名付けてくださった子の名前が大好きです。
Posted by 前田雄飛 at 2014年03月27日 00:33
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。返事遅くなりました。

『親が、自分がカッコいいやら、可愛いやらしか考えずに名前を付けている様な気がして』は、実際に名付けた人に尋ねるしかないと、思います。

私の名前は、私が生まれてくるずいぶん前から、父親が決めていたそうです。

名前にふさわしい生き方を続けてまいります。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年03月28日 06:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。