2014年04月30日

逆転の発想で生まれた「ケシポン」


今日は、『知らないと、笑われ、ホサレ、はじかれる!?会社伝説』(ワンツーマガジン社)から《逆転の発想で生まれた「ケシポン」》を紹介致します。





「ケシポン」は、文具メーカーのプラスステーショナリーが開発・販売している個人情報保護スタンプ。2007年12月に新聞の新商品情報欄で紹介されたところ、発売前にもかかわらず問い合わせが殺到。それから3か月は生産が追いつかず、あっという間に100万個を販売したという。

ヒットの遠因は、2005年に施行された個人情報保護法。これ以降、一般の人も個人情報の漏洩にとても敏感になった。

だが、郵便物を一つひとつシュレッダーにかけるというのは意外と面倒だし、ゴミも増える。誰もが「もっといい方法はないのかしら」と思っているときに登場したのが、このケシポンだったのである。

宛先をスタンプで上書きして消すーーー単純な構造で、誰にでも思いつきそうと思うかもしれないが、それは追随者がよく口にする言葉。「本来、文字を記すためのスタンプを消すために使う」という発想の転換は、そう簡単には思いつかないものだ。





※『消すために書く』という、大逆転の発想だと思います。

どれだけ柔軟に、思考を張り巡らすかだと、思います。

「ケシポン」は、業務効率も、とてつもなく上げました。



この記事へのコメント
ひとつの当たり前の物事に対する大逆転の発想。
素晴らしいですね。
どんな物事も先入観を持たず、柔軟な対応を心がければ、この様な素敵な現象に出会えるかもしれませんね。
日々、頭を柔らかく使い、新たな考え方等を見つけていきたいです。
Posted by 前田雄飛 at 2014年05月01日 01:14
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

『どんな物事も先入観を持たず、柔軟な対応を心がける』ことは、素晴らしいです。

柔らか頭で新たな思考を創出していきたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年05月02日 07:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。