2014年05月05日

名前を口にする効用


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガからです。





【名前を口にする効用】



久し振りに日経新聞から。
4月26日のコラム「春秋」の中で、面白いことが書いてありました。

小学校の放課後の学童クラブで、みんなが使う文房具のひとつひとつに名前をつけている。
赤いハサミは「はなこ」、青のハサミは「こたろう」。「ナンシー」「ダニエル」などの外国人の名前をつけたホッチキスもあるとのこと。
「ねえ、はなこ貸してー」。
名前がつくと子供はそれだけで丁寧に扱い、使った後も、きちんと片付ける。
人でも、モノでも、名前を知って呼んで初めて親しみがわくということであろうか、という、お話で、職場でも、肩書きで話しかけるよりは、名前を口に出した方が風通しは良くなる気がすると前段を締めくくっています。

後段には、昭和天皇は「雑草という名の草はない」と語ったというエピソードが紹介されている。
それぞれの草に名前があり、それぞれに生きている。

コラムは、近所で咲く花や草を調べてみると、身の回りに生きる植物の豊かさを改めて感じることができると締めくくっています。

小さな命、小さな存在も全て与えられた役割があり、すべて存在することが素晴らしい。
日本人は、特に八百万の神を信じてきました。
モノには、すべて神様が宿っていて、粗末にしてはいけない。
本来は、名前をつける前からモノを大事にする精神性は受け継がれていると信じたいものです。

そして、お互いを尊重するところに、豊かな人生が広がっているのかもしれません。





※ではなぜ、モノに名前をつけると、大切に扱うように、なるのでしょう。

このあたりに、答えが隠されています。

モノでも人間でも同じだと、私は考えます。



この記事へのコメント
これは、本当に素晴らしいお話ですね。
前田さんと言われるのと、前田雄飛さんと言われるのとでは、呼ばれた方の感情は全く変わってきますよね。
大勢居る前田さんの中の一人ではなく、前田雄飛個人として見てくれている様に感じるからでしょうか。
これから、どんな場面でもどんどんフルネームで呼んでいきたいと思わされる記事でした。
ありがとうございます。
Posted by 前田雄飛 at 2014年05月05日 23:09
前田雄飛様

訪問、ありがとうございます。

特に‘大勢居る苗字’の方は、よく感じることだと思います。

『名前をつけること』
『名前を呼ぶこと』

これらの差についても、学んでいきたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年05月06日 07:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。