2014年06月14日

6月12日、お別れした“モノ”





お別れの日は、突然やって来た



毎日毎日、我が家で働いてくれた



やさしく、沸いてくれた
やさしく、湯を出した
やさしく、保温してくれた



そのおかげで、困らなかった



だが、急に沸かなくなった



病気のように、黙り込んだ



「おーい、大丈夫か!」



大丈夫では、なかった



それは、役目を終えた瞬間だった






・・・ありがとう!長い間!20年の付き合いだったね



我が家の『お風呂君』へ





※実は、2011年の10月23日に掲載した『10/15、お別れした“モノ”』の冷蔵庫に続いての詩でした。お風呂は私たちが引っ越してきた時、既に待ってくれていて、息子より娘より歳上でした。一生懸命に働いてくれたことに、感謝です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。