2014年07月11日

特許の重要性


今日は、ある日のテレビ情報番組を観ていて、感じたことを、書かせて頂きます。




あるモノづくりの会社が、365度全ての角度からネジを検査できる機械をつくり、爆発的に売れました。

しかし、数年後の国際見本市で、ドイツの企業が全くのコピー製品を安価で製造販売し、飛ぶように売れました。

そうです。特許出願してなかったのです。もちろん、ドイツの企業は特許出願していました。





※この話を聴いて、どう思います?

自分たちだけの唯一無二のオリジナルな商品・サービス・技術・ノウハウが完成された時、それを他にもっていかれないような、細心の努力が必要です。



この記事へのコメント
私は、在職中に「特許法務部長」を経験しました。
社員が考えたアイデアを特許申請して保護していました。

しかし、特許申請費用はかなり高額の費用が必要になります。
その結果、取得して大手家電メーカーより特許料として高額をもらいました。
特許権利の保護も大切ですが会社の発展と社員のヤル気につながります。
Posted by 進藤幸男 at 2014年07月11日 07:51
進藤幸男様

訪問、ありがとうございます。

アイデアは、特許申請して保護する必要がありますね。

特許申請費用は高額が必要になのですね。

会社の発展と社員のヤル気につながるのは、素晴らしいですね。

ありがとうございました。
Posted by 牧野眞一 at 2014年07月12日 06:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。