2014年10月24日

運をつける秘策


今日は、あるメルマガからの内容を元に、表現を変えてお送り致します。





【運をつける秘訣】


「私、ついてない。選択問題で、わからないものが出て、
勘を働かせて、これだ!と答えると、ことごとく外れる。
運が良くなる秘訣って、ありますか?」


塾生が聞いてきた


まぁ、運をつける秘訣、ないこともない。

勘が外れるのか?
それには原因があるんだよ。

まずなぁ、「勘」という漢字をよく見てみろ。

勘⇒甚(はなは)だしい力と書くんだ。

つまり、「直感で答えがわかる」ということは、甚だしい力だ。
そんな力は誰でもほしいなぁ。
でも、簡単にはつかない。
だって、甚だしい力を身につけるには、甚だしい努力が必要。

だから、基本は、無精せずに勉強しろ!ということ。
それも、半端なく。

そして、運というのは、運勢ともいうな。
つまり、運は、勢いがあるところにあるもの。

だから、おまえの全てを勢いがあるようにする。

行動はどうだ? 勢いがあるか?
表情はどうだ? 勢いがあるか?
声はどうだ?  勢いがあるか?

全てに勢いをもってやること。

そして、運というのは、他の人が持ってきてくれるもの。
だから、目の前の人に親切にする。
だから、目の前の人に、言葉も、行動も温かく接すること。

すると、おまえには運がつく。そして、勘も手に入る。

ダラダラしてたらいけない。
キビキビ動くんだ。

ここからスタート。


今日、念頭に置くことは、「キビキビしているか?」ということ。

さぁさぁ、キビキビ行くぜ!





※『甚だしい力を身につけるには、甚だしい努力が必要』

このような気持ち・気概を持って事に挑むと、なんでもできるような気がしますね。

全てに、勢いをもって、いきましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。