2014年10月28日

儲かる“ハンター”とは?


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





『儲かる○○ハンター』


いろんな企業がオリジナリティーを出さないと生き残れない時代だが、ハンターになると一生大丈夫


◆微生物ハンター

ある儲かり酵母を発見した
それは白神こだま酵母
発酵力がつよく、出来上がりがふっくらする
白神こだま酵母のパンは年間30億円
大自然の中から酵母を見つける
山の急斜面から登り始めるのは、なるべく人のいない場所にいく
狙い目は腐った木
7000のうち株化したのは二種類だけ
乾いた場所は新種がいる可能性あり



◆野菜のハンター

狙った野菜は逃さない
80歳現役バリバリハンター
相場は相対で値段を決めるので、競りではない
野菜市場の仕事をしていたOBなので、事情通



◆ロケ地ハンター

撮影する場所を見つけてくる
テレビコマーシャル担当
都心だと人通りが多く、撮影の許可が出ない
希望通りの場所が無理な場合、それっぽい場所を選ぶ
撮影が大掛かりになるので、人通りが少ないほうが良い
それっぽい場所を毎日探し歩いている
費用は普通100万円だが、場合によっては500万円
場所に必要な条件は、一般の通行人の邪魔にならないこと、近くに駐車場があること、楽屋代わりになる部屋があること





※素晴らしいスペシャリストの人たちです。

ニッチな戦略で、オンリーワンを達成しました。

大いに見習いたいと、思います。

私たちの日常生活にも、ハンティングできる内容が、転がっているかもしれません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。