2014年11月16日

‘儲かる’近畿大学!


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





【儲かる近畿大学】



大学の敷地は、東大阪だけで甲子園球場12個分、全部で29個分



建学精神により、地元の中小企業とコラボ



近大マグロは大行列



和歌山県串本の水産研究所にあるマダイの子どもは近大のDNA



養殖した魚を売って、研究費を稼ぐ



黒マグロの完全養殖で、全て賄う



24度以上の水温でしか卵を産まないので、奄美大島に研究所を出して、産卵に成功



バイオコークス(石炭)は、お茶っ葉からつくった



反応シリンダーにお茶カスを入れて60分



石炭は燃える石だが、トータルの圧力・温度が関係し、水分量がある量に達するとコークスができる



生物理工学部では、歯のばんそうこうをつくっている



薄さは2マイクロメートルで、薄ければ薄いほど、ちゃんとひっつく



奈良キャンパスの農学部は、ハイテク網戸をつくった



空気は通すが、どんな小さい虫もキャッチし、花粉も通さない



大手メーカーが、続々とオーダーしている





※近大マグロは、このところあまりにも有名になりました。

それ以外でも、素晴らしい研究・発見を行い、成果を出しています。

これからも、近畿大学の動向に注目です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。