2014年11月28日

DMづくりのポイントを確認!


今日は、日本郵政グループ発行の冊子《DMガイドブック》より【DMづくりのポイントを確認!】を紹介致します。





DMを作るとき、どんな情報を掲載すればいいのか、解説します。ポイントをおさえて、DMを作成していきましょう!



・ポイント1:伝えたいメッセージを明記する!

お客様に「何を伝えたいか」「どんなベネフィット(便益)があるか」を明記し、DMの目的を伝えます。

*読み手をひきつけるコピーにしましょう!→お客様が「体感してみたい!」と思える文章を大きく表示すると、読み手をひきつけやすくなります。



・ポイント2:サービス・商品の説明をします。

DMで伝えるサービスや商品の、具体的な内容を説明します。写真やイラストを使うとわかりやすいDMになります。

*読み手に行動を促すように書く!→表面には具体的な内容の他、「裏面の申込はがきにご記入ください」など、裏面への誘導も記載すると、アクションに繋がりやすくなります。



・ポイント3:オファー(特典)をつける!

オファーとは、お客様からのレスポンスを得るために、DMの送り手から提示する条件です。レスポンスをするとお客様にとって何がメリットになるのかを記載しましょう。

*オファーを設定するコツ→オファーには、価格の割引、支払い方法の工夫、配送料金無料、複数セットで1個分の価格設定などがありますが、最も効果的なオファーを設定します。



・ポイント4:行動を起こさせるひとことを書く!

はがきを見た後、「何をしたらいいのか」をわかりやすく掲載します。

*「行動を起こさせるひとこと」とは?→「どうしたらサービス・特典を受けられるのか」がわからないと、せっかく興味を持って頂いても反応に繋がりません。申込み方法や特典の受け方を明確にしましょう。





※小包を出そうとして、郵便局に立ち寄った時に、手にした冊子の中から、目に飛び込んできたページでした。

ものすごくまとまっていて、解りやすく記述されていませんか!?

民営化されたところが、このような部分にも一面が垣間見れました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。