2015年01月28日

「高齢者施設選びは慎重に」


今日は、いつも楽しく拝読しているメルマガから紹介致します。





「高齢者施設選びは慎重に」


今、私たちの社会は急速な高齢化に直面しています。
先ごろ、厚生労働省は10年後には認知症の高齢者が今の1.5倍の700万人に達するという調査結果を明らかにしました。

現在でも介護は大きな社会問題になっていますが、さらに大きな問題になっていくことは間違いありません。

現在、特別養護老人ホームの入居する高齢者は47万人いますが、入居待ちは40万人もおり、すでにパンク状態となっています。

そのため、最近はサービス付高齢者住宅(サ高住)という施設の建設が日本各地で盛んに進んでいます。
マンションのような建物の1階部分に介護事業所が入居し、上の階に高齢者が入居するという形態が一般的です。

このサ高住は施設によってサービス内容、入居費用に大きな違いがあります。
募集広告などでは当然、メリットを大きく訴えるため、後々、「こんなはずではなかった」とトラブルの発生もあるようです。

ご自身のご家族や身近な方でサ高住への入居を考えているなら、十分、内容を確認、吟味してニーズに本当に合った施設を選ぶようにしてください。





※高齢者の介護問題は、深刻です。

この問題の根本に潜んでいるものは、いったい何でしょうか?!

サービス付き高齢者住宅を、どんどん作ればいいのでしょうか?

ただ、現状で入居される場合は、合う内容を吟味してほしいと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。