2015年02月25日

“あの”掃除機メーカーについて


今日は、ある日のテレビ情報番組から、ダイソンという会社を紹介致します。





ダイソンは1999年、日本にデビュー

ゲストは、創業者でチーフエンジニアのジェームズ・ダイソン氏

借金して創業した

誰も貸してくれなかった

番組はイギリス本社に潜入

ダイソンの知名度を聴き込み

知名度はイギリスでも抜群

撮影は禁止で、セキュリティが厳重

ダイソンの歴史的背景を見せる場所には、第一号から最新マシンまである

紙パックにゴミが溜まると、吸引力が落ちたので、自分で考えた

サイクロン式にしたのと、透明にしたことで、中が見える画期的なモノにした

全世界で72億円の売上

耐久力テストをさまざまな試験で繰り返す

地道な試験を重ねて、床に近づける吸い込み口を前の部分を広くとって、しかも空気が入りにくく吸引力が落ちない新作を近々発表する

企業秘密は、家の人にも言えない

強力なモーターを開発するのに、15年かかった

駐車場には戦闘機があった

エンジニアが毎朝きた時に、戦闘機を見て、本物を感じるようにと、置いている

若者を重要視しているのは、先入観にとらわれない大胆な発想を出してもらうため

チャレンジダイソンという、社内競技会もあり、良いモノをつくるために競いあっている

これまでのダイソンのお掃除ロボットは、センサーやカメラが全方向についていなかったが、最新のは鏡をつけて360度見えるようにした

若い力は、好奇心旺盛でやる気もあるし、自信もある





※彗星のごとく、デビューした感のあるダイソン。

しかしながら、そこに行き着くまで、苦労があったのですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。