2015年02月28日

モノサシ


今日は、いつも楽しく拝読しているメルマガから『モノサシ』です。





【許す力を過小評価しない】


喧嘩をした後、
「あんなヤツ、絶対に許さない」などと、怒りを自分で継続していることがある。

案外、喧嘩した相手はケロッとしている。

相手の気持ちはもう他の事に移り、気分よく過ごしているのに、自分だけムカムカしたまま過ごしている。


それは、自分で怒りを蒸し返し、自分で怒り続けているだけのことなのだ。

怒った時間も笑っている時間も、同じ人生なのだ。

せっかく、生きる人生だ。
一生に一度しか生きられない人生だ。


そもそも「怒る」ということは、自分の思い通りに相手がしてくれない時に起こる感情だ。
人間は、みな、自分だけのモノサシを持ち、それを判断基準に生きている。

アホ!と言われて怒る人もいれば、アホ!と言われて笑っている人もいる。
バカ!と言われて怒る人もいれば、バカ!と言われて笑っている人もいる。

自分が「怒り」の感情を持つかどうか、自分のモノサシが決めているのだ。

そして、許すということは、過去に執着せず、現在を生きるということだ。
許すということは、自分のモノサシに固執しないということ。

怒りに溢れた人生を送るか、笑顔に溢れた人生を送か、自分次第なのだ。





※みんな、自分の“モノサシ”があり、自分の基準で物事を決めています。

怒るか笑うか・・・これも、その一つになります。

いかに『許せる器』を大きくできるかだと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。