2015年03月19日

立地が悪いのに儲かる店!


今日は、ある日のテレビ情報番組からです。





【立地が悪いのに儲かる店!】



“二等半立地の儲かり店”とは?

一等地は、儲かる店の立地
三等立地は、儲からない店の立地

二等半立地でも儲かっているのは、しっかりしたビジネスモデルがある




神田駅から徒歩5分の飲食店『ヴィノシティー』

実は地下にあるので、坪1万5000円

18坪35席が満員

カフェベローチェがあるから、ここに設けた

カフェベローチェの近くに人が多くいることがわかった

オフィスビルの立ち並ぶ場所で、ヒントを得た




石神井公園の『フィリッポ』は、焼きたてピザ屋

お子様連れの奥様が、裏道に使われる道だった

奥様が通いそうなお店(整骨院など)に履歴書を持って、宣伝に行った




福岡の博多にある『地球屋』は、駅から遠い

わかりにくい場所ながら満員

50ヵ国以上の創作料理を用意

坪単価5000円

人と近づくために、オーナー自ら名刺交換




木の上にある、なんじゃもんじゃカフェ

元々、シェアハウスを運営している会社

絵本の世界に来たようだと人気で、1日100人が行列をつくることも

木にそってつくっているので、木の成長によって歪みが出たりするので、都度補修するためにしばらく休業する





※場所が良くなくても賑わっている店・・・ありますよね!

そういう店に通って、オーナーさんに話を伺うと、見えてくるものがありますね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。