2015年03月28日

ミネラルについて


今日は、私が健康の自己管理のことで勉強している内容から、ミネラルについて、書かせて頂きます。





ミネラルは、一言で言うと「鉱物元素の総称」です。

ミネラルには、地面から植物体が吸い上げる土壌ミネラルと海中から海藻が吸い上げる海洋ミネラルがあります。ミネラルの総数は20種類です。

二十世紀はビタミンの時代、二十一世紀はミネラルの時代と、言われています。

なぜ、そう呼ばれるかは、2つ理由があります。

ビタミンはミネラルの代わりが出来ないが、ミネラルはビタミンの代わりになることが、研究で明らかになっています。

もう1つは、現代人がミネラルが不足しがちになっているからです。

これは、天然でないモノが体内に入った時に、その時体内に備蓄している栄養であるミネラルを使って排泄していくからだと言われています。

栄養であるミネラルが不足した体は、栄養不足になり、それが様々な症状、ひいては病気を引き起こす元になります。





※『ミネラル』という言葉は、あちこちで見かけます。

ミネラル入りの食品も、よく店内に並んでいます。

ただ、ミネラルが何で、いったい何をしてくれるかは、意外に知られていないような、気がします。

健康に留意して、気をつけていきましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。