2015年04月20日

長寿企業の三大要素と100年・200年続く企業数


今日は、大阪産業創造館が出しているフリーペーパー『ビープラッツプレス 2015年4月号』より長寿企業について書かれていた三大要素と100年・200年続く企業数のデータを紹介致します。





【長寿企業の三大要素】


☆存続力から生まれる信頼と企業ブランド

☆長期的な視点に基づく社員・取引先との関係づくり

☆強みを活かす勝率の高い挑戦で生まれるイノベーション

この3つがそれぞれ関わり合う。原動力は後継社長の存続への執念。




【DATA】


〓100年以上続く日本の企業数は、約26000社

〔200年以上続く企業数の国別順位〕

1位:日本→3937社
2位:ドイツ→1850社
3位:英国→467社
4位:フランス→376社


アジアでは・・

中国→75社
インド→6社
韓国→1社





※すごい数字では、ないでしょうか!

私たち日本人は、永続する沢山の企業が存在することを、誇りに思いましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。