2015年04月25日

JR東海リニア、時速603キロ到達!


今日は、ヤフージャパンニュースよりJR東海のリニアについて、紹介致します。





【JR東海リニア、時速603キロ到達!】


JR東海は(4月)21日、リニアの最新型車両「L0(エルゼロ)系」が山梨リニア実験線(山梨県上野原市〜笛吹市、全長42.8キロ)で時速603キロを記録したと発表した。ギネス記録に認定されている鉄道の有人走行での世界最高速度を22キロ上回った。同社は新記録をギネスに申請する方針。

史上初めての時速600キロ以上での走行は21日午前10時48分、実験線内にあるトンネル内で10.8秒間、走行距離1.8キロにわたった。これまでの最高速度は2003年12月に試験車両の「MLX01」が出した581キロ。今月16日の走行試験でもL0系が590キロを記録していた。

JR東海はリニア中央新幹線について、27年に品川〜名古屋間開業を、45年に大阪までの全線開業を目指している。営業時の最高速度は500キロの見込み。より高速での走行試験は、車両への空気抵抗や揺れなどのデータを取るために実施している。





※鉄道輸送のめざましい進歩は、私たちの想像をはるかに上回ります。

スピードアップは素晴らしいことですが、安全第一でお願いしたいところもあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。