2015年05月20日

ある女学生の“素晴らしい実話”


今日は、いつも楽しく拝読させて頂いているメルマガから『ある女学生の“素晴らしい実話”』を紹介致します。





【 ミキのお礼 】


ミキは、塾から20キロほど山奥に住んでいた。
だから、塾までは、路線バスを利用していた。
ここ郡上に住む中高生は、バスに乗る時、「お願いします」、
降りる時、「ありがとうございました」は忘れる人はいない。

ミキが利用したバスは、特に、乗る人がおらず、
ミキはよく「貸し切り」状態のバスで、塾に通ってくれた。

ある運転手さんがミキの顔を覚えてくれて、いつも
「今日も塾かい? 頑張って勉強しぃや!」と声をかけてくれた。

ミキはそれがとても嬉しかった。

それで、通塾する最後の日に、ミキは運転手さんにお礼の手紙を渡した。

そして、ミキは無事合格し、高校へは、バス通学になった。

すると、ある日、あの手紙を渡した運転手さんがミキを見つけて、
「ミキちゃん、忘れ物だよ」と大きな包みを渡してくれたそうだ。

中には、「高校合格おめでとう!」と書かれたクッキーの詰め合わせがあったそうだ。


それをミキから聞いたお母さんは、ミキの成長を喜んでおられた


笑顔を与えたら、笑顔が返り、
怒りを与えたら、怒りが返ってくる。


「この世の中は、自分が与えたものが返ってくる」
これが大きな原理原則のひとつだ。


ミキは日頃の感謝を運転手さんに伝えて、
運転手さんもミキの気持ちに感動して、プレゼントになったんだね。

お世話になった人への感謝をきちんと伝えよう。





※皆様は、日常の生活を、どう過ごしていますか?

笑顔を与えて、笑顔を頂きましょう!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。