2015年05月24日

はじめてのベランダ菜園Q&A


今日は、フリーペーパー『パコマ 4月号』(株式会社日宣パコマ事業部)から【はじめてのベランダ菜園Q&A】を要約して紹介致します。





Q1:容器は?

A1:容器を選ぶ時の重要ポイントは、サイズと素材です。


〓サイズ→育てる植物によって決めましょう。
〔葉もの野菜〕比較的浅め、15?程度でもOK。
〔実もの野菜〕〔豆類〕少し深め、30?程度。
〔根菜類〕深いもの、45?程度。

〓素材→日陰への移動が楽にできる軽い素材のプラスチック容器が便利。




Q2:土は?

A2:購入するなら「野菜用」を。古い土の再生にもトライしてみましょう。


〓購入する場合→「野菜用培養土」を選ぶのが賢明。

〓古い土の再利用→昨年育てた花が枯れてしまった鉢の土が残っていたら、再利用。




Q3:タネ・苗は?

A3:タネも苗も、「チェックポイント」を覚えておきましょう。


〓タネ選びは→?信頼できる種苗会社の製品を選ぶ。?「春まき用」を選び、タネ袋に書かれた説明をよく読む。?袋の中の容量(粒の数)を確認し、育てる量より少し多めに入ったものを選ぶ。

〓苗選びは→?葉色が青々としているもの。?双葉がしっかりと付いているもの。?節間が伸びてヒョロヒョロでないもの。




Q4:園芸資材は?

A4:植物を守る「ネット類」と、技を支える「支柱」が必要です。


〓ネット類→?「防虫ネット」は土や苗に害虫がついたり卵を産むことから守る。?「不織布」はインゲンや枝豆を害鳥から守る。?「遮光ネット」は夏の気温上昇から実もの野菜や容器が焼けるのを守る。

〓支柱、園芸用ネット→実もの野菜、豆類に必要。植え付け時は仮支柱、成長時は長い支柱・アーチ状の支柱。吊るもの用には園芸ネット。




Q5:肥料は?

A5:最初は、難しく考えなくていいと思います。


〓元肥の入っていない培養土の場合、元肥を混ぜ込むだけ。2、3週間後に追肥として化成肥料を与える。





※ベランダなどを利用した、家庭菜園が流行っています。

初心者向けの内容は、とても参考になりますね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。