2015年06月24日

オリックス資産運用強化


今日は、4月14日読売新聞より【オリックス 資産運用強化】を紹介致します。





【オリックス 資産運用強化】

〜 欧米・アジアで買収加速 〜



オリックスの井上亮社長は読売新聞のインタビューに応じ、欧米やアジアの資産運用会社の買収を進めることにより、資産運用事業を強化する考えを明らかにした。

2013年に買収したオランダの資産運用会社「ロベコ」の預かり資産残高を、現在の2460億ユーロ(約31兆円)から倍増させるのが目標だ。

井上社長は資産運用事業を「預かり資産を倍程度にしないと大手との戦いは厳しい。(オリックスの)コア(中核)ビジネスにしたい」と述べた。

国内でも景気回復や株式市場の活況により投資信託の販売などが伸びている。メガバンクは資産運用事業を強化するため、グループ傘下の資産運用会社の統合を進めている。




※オリックスの躍進は、目を見はるものがあります。

以前もこのブログで、ハートフォード生命の買収を紹介致しましたが、暫くはオリックスの動きから目が離せないように思います。

業容・業績拡大の、見本にしたいと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。