2015年06月29日

紙から漂う“香料入り”インキ


今日は、公益法人大阪市都市型産業振興センター(大阪産業創造館)のフリーペーパー『ビープラッツプレス173号』の中の【紙から漂ういい香り 正体は香料入りインキ】(紙から漂う“香料入り”インキ)を紹介致します。





久保井インキは、1946年の創業から一貫して印刷用インキを製造。高度経済成長期以降、大量生産の大手と肩を並べるのではなく、より付加価値の高いインキの生産に舵を取る。紙幣の透かし印刷用をはじめ、温度変化で発色するものなど、さまざまな特殊インキを開発から手がけてきた。

とりわけ注力したのは、アメリカの企業が60年ほど前に開発した「マイクロカプセル」の技術。香料入りのカプセルをインキに混ぜ込めば、香る印刷物をつくることができる。擦れば香りが漂う。同社は大学とも連携し、カプセルのつくり方から研究。極小サイズなら閉じ込めた油分も染み出ない。原料の配合などを工夫し、当初は10ミクロンほどあったカプセルを2ミクロン以下でつくることに成功した。そうして誕生した独自の香料入りインキは、スピーディーで廉価なオフセット印刷にも対応。創業以来のベーシックな技術と新しい要素を組み合わせ、全国でも久保井インキだけが生み出せる製品となった。

香料の配合次第でどんな香りも埋め込めるため、大手メーカー製洗剤の香りサンプルにも使われてきた同製品。一般消費者向けには「香り印刷ドットコム」というサイトを自ら運営。3〜5年ほど香りが続く名刺やチラシづくりを請け負う。課題は、印刷工程の内製化とさらなる小ロット対応。名刺100枚単位の注文から納品までを自社で行う体制をめざす。さらに、「香り印刷」によるマーケットを創出し、新たな用途も生み出していきたいと意気込んでいる。





※画期的なインキです。

付加価値を創造した結果、大きな差別化に辿り着いた形になります。

とても刺激されました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。