2015年07月28日

ベンツのCクラス、全面改良


今日は、5月28日読売新聞より『AMG C63 全面改良』(ベンツのCクラス、全面改良)を紹介致します。





メルセデス・ベンツ日本は、中核モデル「Cクラス」の高性能グレード「メルセデスAMG C63」(排気量4リットル)を約8年ぶりに全面改良し、(5月)27日から注文の受け付けを始めた。10月頃の発売となる。

AMGはスポーツタイプで、新開発の4リットルV8直噴ツインターボエンジンを搭載した。ボディーの約50%にアルミニウムを使って軽量化。設定した速度で、車間距離を一定に保つ安全運転支援システムも標準装備した。価格は税込みで1195万〜1405万円。





※若年層の自動車離れが叫ばれる一方で、根強い人気を博している外国車です。

先日、外国車を扱うショールームの方にお話を伺う機会がありましたが、一定層のファンをいかに見つけて買って頂くかが鍵になるようです。

ベンツ好きにはたまらない、8年ぶりのフルモデルチェンジですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。