2015年08月15日

感動が減っている人は、行動力が減っている!?


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【感動が減っている人は、行動力が減っている!?】の一部分を紹介致します。





私がとてもお世話になっている武道の先生が、以前こんなことを言っていました。


「心技体という言葉があるだろう。

 この言葉は、今とは違って誰もが毎日のように、武道などをやっていた時代に生まれた言葉と言われてる。

 身体を日常的に使っていたから、まず心が大切と言っていたんだ。

 でも、現代は違う。

 身体を毎日のように使う機会はほとんどなくなった。

 そんな中で、心から始めようとすると、迷うんだよ。

 だから、本当は現代においては体心技の順番が適切なんだよ。」


一部の人を除いて、毎日のように運動することが、なくなった現代社会においてインターネットの発達が進み、私達1人1人が得ることができる知識レベルの情報量は、飛躍的に伸びています。

しかし、知識は行動に移されてこそ、価値が発揮されるもの。

だからこそ、いくら知識を学んでも行動しなければ、何も変わらないのはご存知の通りだと思います。

ということは、大切なことは、体から入るということ。


これまた別の師が教えてくれたことなのですが、「行動できないのは、感情が動かないから、感情が動かないのは、感動がないから感動がないのは、感性が鈍っているから」

ということなのです。

つまり、頭でっかちになればなるほど、感性が鈍り、結果として行動から遠ざかる、ということなのです。


何かをしなきゃ、という感覚から始めるのではなく、自然に○○したい、から始めることができたとき、人はモチベーションをあげなきゃ!とは思わないのです。

ただ、自然に○○したい、を感じるためには、感性が磨かれている必要があります。


ぜひこの夏に一度は、まるで子どもの頃のように
大自然と戯れる日を作ってみていたいだきたいなと思います。





※お盆休み真っ盛りですが、皆様、如何お過ごしでしょうか?!

帰省先に自然が広がっているなら、是非、思う存分、身体を動かしてみてくださいね!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。