2015年09月08日

「冥王星まで12500km 」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「冥王星まで12500km」】を紹介致します。





1. ニューホライズンズ


以前もメルマガで書きましたが、
ニューホライズンズはアメリカNASAが打ち上げた冥王星探査機。

2006年1月に打ち上げ
2007年2月に木星に最接近、スイングバイで加速
全部で9年半かけて冥王星に最接近します。(しました)

最接近は2015年7月14日の8時50分ごろ、距離は12500km(読売新聞による)。
速度は秒速14km。

シャッターチャンスはまさに、一瞬です。



2. 冥王星


太陽から冥王星の距離は 27AUから47AU。
1AU は太陽と地球の距離である149,597,870kmになるとか。

だいたい40億キロメートルから70億キロメートルぐらいですね。


ニューホライズンズが打ち上げられた後、冥王星は準惑星に変更されました。
冥王星より大きな小惑星が見つかったためですが、
ディズニーのプルート(冥王星の英語名と同じ)にとっても大きなニュースだったようで、
公式コメントも発表されたようです。



3. 冥王星の写真


先日来、冥王星の写真が送られてきています。
NASAで公開されていますので、興味ある方は検索してみてください。

ドーナツとか、クジラとか、ハートとかいるみたいですよ。


公式サイトで公開されている写真のサイズは400キロバイトほど。
通信速度が800bps程度なので、1時間以上かかって送られてきた計算です。

800bpsの通信速度って、1980年代。
まだインターネットという言葉が存在せず、パソコン通信と呼ばれたころの速度です。

文字による通信がほとんどで、写真を送るなんて想像もしていない時代ですよね。
デジタルカメラは存在していたのでしょうか?


そんな環境で送られてくる、写真とデータ。
とても貴重で興味深いです。

少しぐらい精度が悪かろうが、ずれていようが
必死こいてなんとかしますよね。


他に替えがきかないものですから。





※夢が膨らむ記事ですね。

惑星が好きな方には、たまらないです。

これからも、星が私たちに何を見せてくれるか、期待しましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。