2015年09月19日

選ばれなかったということ


今日は、いつも楽しく拝読させて頂いている、受験生向けのメルマガから【選ばれなかったということ】を紹介致します。





【 選ばれなかったということ 】


受験は、合格者と不合格者に分けることでもあるんだ。

人生は不思議なもので、あれだけ勉強したのに、
なぜか本番で失敗して、不合格になってしまうということがある。

私の友人は、定員120名に、受験者が121名の学校を受験した。
「誰か一人が落ちるんだ・・・」と思っていたら、
その一人に自分がなってしまった。

その街にはいられずに、遠く離れた親戚のいる街の学校に、
ようやく入れたそうだ。
最初、友達もいなくて、たった一人の不合格者になってしまったことで、
随分と落ち込んだそうだが、
今では、「落ちたことで、やさしくなれたし、大人になれた」と話されていた。


人生で起きること、全てのことに意味があるんだ。
そして、それは、自分を成長させるために起きる。
その出来事は、自分が乗り越えられることしか起こらない


だから、もし、不合格ということになったら、
自分の人生を否定されたように感じるだろうが、
それは違う。

いつも言っているね、
「人生は心ひとつの置きどころ」だと。

だから、解釈を変えるのだ。
「選ばれなかったということは、他の道に選ばれたということ」
「選ばれなかったということは、他の道に行く選択肢が増えたこと」

Aという学校には行けなかったかもしれないが、
Bいう学校で人生を変える出来事に出会い、
自分を幸せにしてくれる人と
出会うことになっているかもしれない。

希望していた結果を手に入れることは
出来なかったかもしれないが、
人生はきちんと別の道を用意してくれているんだ。

人生は解釈次第、自分次第だからね。
そして、死ぬこと以外はかすり傷!

何があっても、そこから学び、
次に活かす姿勢が身に付けば、
人生に怖いことは何もなくなる。
要するに、無敵になれる。

さぁ、今日も、今出来ることを全力でやること!
これが合格をグイグイ引き寄せる唯一の方法だ。





※「他の道に選ばれた」「他の道に行く選択肢が増えた」

このような逆転思考は、人間をプラスに働かせますね。

「死ぬこと以外は、かすり傷!」

これぐらいの覚悟なら、なんでもOK、なんでも来い!ですね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。