2015年10月11日

世界遺産は、この3種類


今日は、昔買った雑誌(月刊モノクロ8月号:2013年)から、【世界遺産は、この3種類】を紹介致します。





☆自然遺産→鑑賞上、学術上顕著な価値がある地域や生態系などが登録対象。自然美、たぐいまれな自然現象、絶滅の危険がある生物の生息区域であることなどが基準となる。日本では屋久島、白神山地などが登録されている。



☆文化遺産→人類の歴史が生んだ文化的景観や記念物など。歴史的出来事との結びつき、文化的伝統を証明することなどが登録基準だ。富士山は信仰の対象で文化創造の源であることが評価され文化遺産として登録された。



☆複合遺産→メテオラ(ギリシャ)やマチュピチュ(ペルー)など、自然遺産と文化遺産それぞれの登録基準を少なくとも1項目ずつ以上認められている遺産。現在のところ日本には複合遺産での世界遺産登録はない。





※たまたま手にした雑誌で開いたページに載っていました。

これまでに登録された世界遺産は、この3種に分かれていたのですね。

私は詳しく、知りませんでした。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。