2015年11月17日

慎独


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【慎独】を紹介致します。





【 慎独 】



慎独(しんどく)という言葉がある。

自分一人のときでも、行いを慎み、雑念の起こらないようにすることだ。
つまり、誰も見ていないところでの振る舞いをきちんとするということだ。


誰も見ていなくても、きちんと計画通りに物事を進められるか
誰も見ていなくても、きちんとゴミを拾えるか
誰も見ていなくても、きちんと靴を揃えられるか


誰かが見ているから、きちんとするのは、当たり前。

『誰も見ていなくても、きちんと出来るか』
ここが、子供と大人の分かれ目でもある。


自分が可愛ければ、自分を鍛えよう。

鍛え方には二通りある。

ひとつは、たくさんの人の中で揉まれること
つまり、人間関係の中で、いろいろと学ぶ

ひとつは、孤独の時に、
ひとりで自分を虐めて力をつけることだ

一人の時にしっかりと自分を鍛える。
それが、たくさんの人の中に出た時に発揮される力だ。
それが、目の前の人を一生懸命に喜ばせる時に発揮される力であり、
それが、目の前の事を一生懸命にやる時に発揮される力である。


慎独をどれだけ大切に出来たか、
これが人生を決める。

慎独で、どれだけ自分を鍛えることができたか、
これが未来を決める。


今日も、一人の時には、
自分を鍛え抜き、力を付け、
仲間と一緒の時には、
鍛えた力を使って、笑顏をプレゼントするのだ。





※誰も居ない時や、誰も見ていない時、どうしていますか?!

自分で自分を鍛えることが出来たら、ワンランクのレベルアップが出来ていることになりますね。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。