2015年11月18日

紅白歌合戦についての“司会者の掟”


今日は、ある日の朝のテレビ番組からです。





『おはよう朝日です』(関西ローカル)の、ある日の金曜日、芸能リポーターの井上公造さんが、NHK紅白歌合戦の司会者になった方の掟について、以下の二点をおっしゃっていました。



1.正式発表があるまで、自分が司会者になったことを、身内にも口外してはならない

2.紅白歌合戦の全ての出場予定者と、個人面談しなければならない



1は、何がなんでも事前に漏れてはいけない、とのことです。

2は、出場者の性格や考え方、またはキャラクター設定などを理解して、失敗しないようにする意味だそうです。





※大晦日の国民的番組を執り仕切るのは、いろいろ大変だなぁと、思いました。

そして、今年ももう、そんな時期なんだなぁとも、思いました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。