2015年11月23日

ある女の子の『なりたい職業』


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガより【ある女の子の『なりたい職業』】(ブログ用にテーマを変更)を紹介致します。





【 ある女の子の『なりたい職業』 】


以前、塾生に「自分のなりたい職業」について作文を書いてもらった。
中1の女の子で、ナギサの書いた作文には驚いた。


ナギサは、「街のテイッシュ配りのお姉さんになりたい」と書いていたのだ。

予想外の答えだったので、ナギサに
「どうしてティッシュ配りのお姉さんになりたいのか」聞いてみた。

「私、毎日駅を通って学校に行くんやけど、
その駅で毎朝ティッシュを配っているお姉さんがいるねんね。
そのお姉さんが一人一人に元気な声で
『おはようございます!』と声を掛けて、ティッシュを配っててな。
そのお姉さんの声はな、
私も元気に頑張ろうって思ってしまう不思議な声やねん。
そして、そのお姉さん、いつも笑顔で、
私にも優しくティッシュをくれて、
「いってらっしゃい」
って言ってくれるんや。
あの声が嬉しいねん」


ナギサに、そのお姉さんにお礼の手紙を書くようにアドバイスした。
その手紙をナギサは勇気を出して、ティッシュ配りのお姉さんに渡した。

後日、ナギサが「返事をもらった!」と嬉しそうに、
手紙を見せてくれた。

「ナギサちゃん、お手紙ありがとう。
ティッシュ配りをしていてお礼を言われたのは
初めてでびっくりしました。
でも、ほんと嬉しかったです。

毎朝駅でティッシュを配っているのですが、
朝はみんな忙しいので無口な人が多いのです。
少しでもみんなに気持よく仕事や学校に行ってほしかったので、
大きな声で笑顔で「おはようございます」を伝えていました。
私の姿を見て、ナギサちゃんが
ティッシュ配りのお姉さんになりたいと思ったという手紙を読み、
泣いてしまいました。

こんな仕事と・・・思っていましたが、
これからはナギサちゃんを始め、
もっとたくさんの人に
「おはようございます」と伝えるために
私も頑張ります。

ナギサちゃん、ありがとう」


つまらない仕事、
つまらない勉強はない。

やる人が、つまらなくしているだけ。

今日をつまらない一日にするか、
人生最高の一日にするかは、
キミ次第だ。

せっかく迎えた一生に一度だけの今日という日。
だったら、当然、熱く熱く熱く生き切って、
人生最高の一日を過ごすのだ。


今日が今までの人生で最高の一日になるように、寝るまで努力を惜しまないこと!





※皆様は、この体験談を読んで、どう感じましたか?

毎日の日常を、どのように創り上げていますか?

毎日をつまらなくしているのも、楽しく・面白く・ワクワクの日常にしているのも、全て自分自身なのですね!



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。