2015年11月24日

「現場責任者の仕事」


今日は、いつも楽しく読ませて頂いているメルマガから【「現場責任者の仕事」】を紹介致します。





1.週末の現場


ときどき現場の仕事をさせていただいています。
外部委託された現場責任者という立場です。

・まかれた現場に
・スタッフを数名連れて行き
・依頼された任務を完了させて戻る
・結果や気づいた点を報告する

そんな仕事です。

こんな書き方をしたら、ほとんどの現場に当てはまりそうですね。
ひょっとしたら現場に限らないかもしれません。




2.現場責任者の仕事


スタッフの中には私より長く仕事をされている方も多いので、
「ここ、お願いします。」
だけで指示が済むこともあります。とても楽ちんです。

そんな現場での責任者の仕事は
・不測の事態への対処
・不測の事態を減らすための準備
・あとは、自分の持ち場
こんな感じです。

たぶんこれも、どんな現場でも同じじゃないかと思います。

不測の事態ってなくなりませんね。
機材のトラブル、人のトラブル、天候、交通。

予測できる部分もありますが、それでもまだまだですね。




3.経験をつんでも


現場を任せていただくようになって2年になります。

最初は何にもわかりませんでした。
ベテランのスタッフさんがよく動いてくれるので、
何もしなくても現場が無事に終わっていました。


それから2年、大小のトラブルに遭遇して、いろんな判断をしてきました。

ようやく、
自分が何をどこまで判断してもいいか、わかるようになってきました。

そして、
何をどこまで準備したら安心なのか、わからなくなってきました。


現場って奥が深いです。





※現場は生き物です。生き物なので、様々な表情を見せます。

不測の事態とは、悪いほうの表情です。その瞬間ごとに、責任者は対峙・対処・対応をしていきます。

現場責任者の仕事は、素晴らしいです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。